Spiral_M1AUDCAD EAの2018年を振り返る その3

使用EAの2018年振り返り第3弾は問題児、Spiral_M1AUDCADさんです。

Spiral_M1AUDCAD
Spiral_M1AUDCAD

EA 損益 Pips
Spiral_M1AUDCAD -8414 -105.4

このEAは記念すべき保護観察処分第1号。
損益グラフはドカンと負けた後は綺麗な右肩下がりです。
でも思ったより負けてない……ように見えますが、実は途中で口座を移転していて、この集計の前に3万ほど負けていました。
更に11月上旬で終わっていますが、その後も別口座で4千ほど負けています。
この口座で稼働し始めた時にはすでに保護観察処分となっており、ほぼ0.01ロットでの運用になっています。

Spiralは公式では通貨ペアがAUDCADなのですが、他通貨ペアでもロジックが通用することがわかり、通貨ペア縛りもなかったため一時期他通貨ペアや他時間足での研究が盛ん(?)に行われました。
僕も10月中旬から通貨ペアを広げていったのですが、そこから右肩下がりが加速していくことに。
その理由はSpiralの仕様にありました。
Spiralは通貨ペアや時間足に縛りはありませんが、複数のチャートで同時に稼働するとお互いのポジションに干渉してしまうという欠点が。
例えば、AUDCADでポジションを持っている時に他チャートに設定したUSDJPYでポジションを持つとそれまで持っていたAUDCADのポジションを決済してしまいます。
通常EAはマジックナンバーでポジションを管理していると思うのですが、たとえマジックナンバーを変えていてもダメでした。
他にもMT4を分けてみたり色々試しましたが解決には至りませんでした。

(実際の取引履歴。こんな感じでエントリー条件を満たす限り延々と繰り返す模様)
この仕様に気づかずに損をした人もいるかもしれませんね。

この仕様が改善されれば神EAに成り得たのかもしれませんが、報告後のアプデでも改善されず、こんなものが待機中なので複数チャートでの稼働は諦めようと思います。
なので、来年からは一つのチャートに専念してもらおうと思います。
これなら期待した結果が得られるはず。

ほんとこいつには振り回されましたが、こいつのおかげで検証する力が付いたのは間違いないですね。
ありがとよ!

Spiral_M1AUDCAD
Spiral_M1AUDCAD

コメント

タイトルとURLをコピーしました