SUSHIを握れないならCAKEを焼けばいいじゃない~DeFiのDEXで流動性マイニングによるイールドファーミング~

金持ちは言いました。

「SUSHIを握れないならCAKEを焼けばいいじゃない」

暗号資産界がSUSHIを握るのに夢中になっているころ、暗号資産界から離れて情報弱者になっていた僕は乗り遅れてしまいました。
しかし今回は乗り遅れまいとしっかりと雑に勉強したので、忘れないようにここに(雑に)書き記したいと思います。

DeFiとは分散型金融サービス

DeFiとは”Decentralized Finance”の略で、特定の人・団体が強い権力を持つわけではない非中央集権な形で金融サービスを行うことを言います。
一部の人・団体だけが運営に関する決定権を持っているわけではないので”分散型”というわけです。
では運営に関する方針決定をどうやって行うかというと、ガバナンストークンというものを投票権にして決議を行います。
この辺は株式会社と株券の関係に似ているかもしれません。
株券、いいですね。お金の匂いがします(^ω^)
DeFiプロジェクトには暗号資産の交換取引サービス(分散型取引所・DEX)や貸付サービスなどがあります。

利回りを耕すイールドファーミング

新しい金融サービスの形を作ったDeFiですが、2020年夏ごろに爆発的に流行りました。
その大きな理由がイールドファーミングと名付けられた超高利回りの資金運用法です。
DEXでは交換(Swap)用のお金を用意してくれる仲介者がいないため、流動性(Liquidity)の提供を様々な暗号資産で広く募っています。
具体的にはDEXに2種類の暗号資産を同額分ペアで預けることで流動性を提供(ロック)することができます。
その見返りにDEXが取引所サービス利用者から受け取ったの手数料の一部を還元してもらえます。
ここは銀行に預金して利息がもらえるのに似てますね。
貸付サービスでも同じで、貸付のための資金を提供することで貸し付けサービス利用者から得た利息を還元してもらえます。
ただこれらの利回りが銀行預金などとは比べ物にならないほど高利回りだったのが注目を集めた理由です。
手数料収入のほとんどを銀行が持っていってしまうような中央集権型にはない、分散型の利点ですね。
高利回りなのでどんどんお金が増える、その増えたお金を追加で流動性提供に回すことで更にお金の増えるペースが上がる。
そのループがイールドファーミングと名付けられました。

イールドファーミングを加熱させた流動性マイニング

イールドファーミングが注目されていく中で新たに登場したのが流動性マイニング。
流動性を提供してくれた人に手数料還元だけでなく、ガバナンストークンを配布するDeFiプロジェクトが誕生しました。
流動性を提供することでトークンを得る行為がマイニングに見立てられて”流動性マイニング”と呼ばれるようになったようです。
このトークンは売買することができ、手数料還元ともう1つの収入源とすることができます。
更にこのトークンにはマイニングに参加する権利が付与されています。
説明がめんどくさいので割愛しますが、このトークンを一括管理してるところ(ステーキングプール)に預けることで間接的にマイニングに参加することができ、マイニング報酬を得ることができます。
とにかく、暗号資産を預けてもらえた暗号資産を預けるとまた暗号資産がもらえるという流れになっているわけです。

多くのSUSHI職人を生み出したSushiSwap

流動性マイニングによって加熱していったイールドファーミング、引いてはDeFiですが、バブルを作りだしたのが流動性マイニングを前面に押し出したSushiSwapでした。
SUSHIでSUSHIを握るべく、多くの人がねじりはちまきを巻いてSushiSwapに押し寄せました。
SUSHIを握るためにSUSHIが買われ、SUSHIの価格は暴騰。
SushiSwapの取引高もうなぎ登りとなり、手数料収入が増えて利回りが向上。
利回りが向上することで更に人が集まる、という好循環によってSUSHIバブルが訪れました。
しかし、すったもんだあってSUSHIバブルは落ち着きます。

DeFiブームによってイーサリアムのGas代が高騰

SUSHIは設立者がやらかしにより落ち着くも、味を占めた人たちによるDeFiブームは続いていきます。
その結果、イーサリアム(Ethereum)のGas代が2倍5倍10倍と高騰することになってしまいました。
ほとんどのDeFiはイーサリアムのブロックチェーンを利用しており、トークンはイーサリアムベースの規格であるERC20によって作られているため、トークンで何かをする際にはGasというイーサリアム式の手数料がかかります。
ほんの1年前は1回数十円だったものが数百円になり、現在は数千円が必要になってくる場合も出てきました。
イールドファーミングを行う場合、
・流動性を提供するためのトークンを手に入れるタイミング
・流動性を提供するタイミング
・流動性提供の報酬を受け取るタイミング
など、Gas代が必要になるタイミングが非常に多いです。
ここに毎回数百円もかかるとなると、少額の報酬をすぐに回転させようとは思えなくなってしまいます。

新たなフロンティアに現れたパンケーキ屋

利用者が増えてGas代が高騰していく中、暗号資産取引所大手Binanceが独自ブロックチェーン・バイナンス スマート チェーン(Binance Smart Chain・BSC)を稼働させましました。
BSCはイーサリアムブロックチェーンとの互換性を重視して作られており(互換性というかほとんど同じものらしい)、ERC20トークンをBSCの規格であるBEP20に変換させることができます。
ERC20トークンをそのまま使うことができ、更にGas代も安いということで注目されました。
そして、新たなフロンティアであるBSC上にもイールドファーミングを行えるDEXが続々登場。
Gas代が安いことに加えて既存の大手DeFiプロジェクトに資金が集まって利回りが落ちてきたことなどもあり、BSCに資金を移動する人が増えていきました。
その中でBSC版SushiSwapポジションを確保したのがPancakeSwapでした。

PancakeSwap
数ある中でPancakeSwapが選ばれたのは、しっかり考えて作られているからじゃないでしょうか。
PancakeSwapのガバナンストークンであるCAKEは発行枚数が無制限らしく、ここだけみると急速にインフレが進んでしまいそうです。
しかしインフレ対策がしっかり考えられた運営がされています。
”The CAKE Lottery”という宝くじの売り上げの10%だったりIFO(Initial Farm Offering)で調達した資金の半分と同等のCAKEをバーン(消滅)することで総CAKE量の増加速度を抑えています。
この記事を書いている現在では、発行したCAKEの3/5ほどがバーンされているようです。
PancakeSwap2
結構な量がバーンされてますね。
これでどの程度インフレを遅らせられているのかわかりませんが、インフレ懸念を認識した上で運営されているのはいいことなんじゃないでしょうか。

イールドファーミングのリスク

年利数十%から数千%という法定通貨では考えられないような利回りを生み出すイールドファーミングですが、なんのリスクもないなんてことはもちろんなく、相応のリスクがあります。
イールドファーミング中は基本的に流動性を提供した暗号資産をホールドしているのと同じことなので、その間に預けた暗号資産の価値が下落してしまえばその分だけ損することになります。

更に預けた暗号資産ペアの価格バランスが崩れた場合、単純にそれぞれの暗号資産をホールドしていた時より損が発生します。
これはインパーマネントロスと呼ばれ、かくかくじかじかの理由により、

1:1.25の価格変動 = 0.6%の損失
1:1.5の価格変動 = 2.0%の損失
1:2の価格変動 = 5.7%の損失
1:5の価格変動 = 25.5%の損失

と、かなりの損になります。
ただ、インパーマネントロスはあくまでホールドしていた場合と比べての話なので、流動性提供の報酬や暗号資産の価値の上昇を含めればたとえインパーマネントロスが発生しても利益を出すことはできます。
しかし、暗号資産の価値が下がった場合はインパーマネントロスとのダブルパンチで、いかに高利回りであっても元本割れが起きてしまうかもしれません。

他のリスクとしてはSushiSwapで起きたようなすったもんだがあります。
すったもんだではわからないと思うので雑に説明すると、SUSHIが高騰していた時にSushiSwapの創設者が開発資金として割り当てられたSUSHIを大量に売却してしまいました。
創設者は開発資金の売却を正当な権利だと主張しましたが、そのことが発覚するとSUSHI職人たちは我先にと握っていたSUSHIを他人の口に投げ捨て始めました。
あとはお察しの通り、SUSHIの価値は大暴落です。
こういった事件はいくつも起きており、バグが発覚してガバナンストークンが大暴落したり、ハッキングされて預けていた資金を盗まれてしまったりなどなど。

また、PancakeSwapを初めとするBSC上のDeFiプロジェクトの場合、BSCがBinanceの管理下にあるため厳密には分散型ではなく、BSC上の暗号資産はBinanceが管理しているのと同等になります。
つまり、カウンターパーティーリスクがあるということです。
最大手のBinanceがいきなり潰れることはないと思いますが、日本のお偉いさんの有難い保護活動により日本ユーザーが締め出されてしまう可能性は十分にあると思います。

Pancakeの焼き方

DeFiやイールドファーミングについて理解する気がなくなるほどの長文を書き終えたところで、いよいよCAKEの焼き方を追ってみましょう。

1.BEP20対応のウォレットを用意する

まずはBEP20に対応しているMetaMaskやTrust Walletといった、暗号資産を保存するためのウォレットを用意します。
アドレスを用意したら、BSCのネットワークを追加してください。
詳しいやり方?
そんなものはggrks(雑なので)
MetaMaskのデフォルトはイーサリアムのメインネットワークなので、BSCのネットワークを追加しておかないと送金しても確認できなかったり、最悪消滅してしまうかもしれません。
Trust Walletの方は使ったことがないので知りません(これより先のウォレットに関する記述はすべてMetaMaskにおいてのものです)

2.Binanceに暗号資産を用意する

Binanceの口座開設後、なんとかしてBinanceの口座に暗号資産を用意します。
日本から直接日本円を振り込むのはたぶん無理なので、日本国内の暗号資産取引所で暗号資産を買い、それをBinanceに送金するのが一番使われている方法じゃないでしょうか。
ウォレットに暗号資産が入っているなら、ウォレットから送金してもOKです。
どこから送るにしろ、送り先のアドレスだけは絶対に間違えないようにコピペしてください。
このコピペ作業を成功させる自信がない人は回れ右をして法定通貨の世界に戻った方がいいでしょう。
送る暗号資産はなんでもいいですが、暗号資産によって送金手数料が大きく変わってくるので注意が必要です。
どの暗号資産が安く済むのかは自分で調べてください。
Binanceに送った暗号資産は一部をBNBに変えてください。
BSC上の手数料はすべてBNBで支払うので、ウォレット内にBNBがないと何もできません(Binanceに送り返すこともできない)
0.1BNBほどあれば、とりあえず手数料に困ることはないでしょう。
もしCAKEを焼く(流動性を提供する)際にすでに決めた暗号資産ペアがあるなら、この時点でその暗号資産に変えておいてもいいかもしれません。
どちらの方が手数料が安く済むかはもちろん僕にはわかりません。

3.BinanceからBEP20規格でウォレットに送金する

ウォレットに送る暗号資産が用意できたら、いよいよBSCに送金します。
BSCのトークン企画はBEP20なので、送金時にBEP20規格に変換して送るように設定します。
バイナンスチェーン(BEP2)というのもあってややこしいですが、バイナンススマートチェーン(BEP20)が正解です。

4.PancakeSwapでLPトークンを手に入れる

Binanceから送った暗号資産はちゃんとウォレットに届いたでしょうか。
BNB以外の暗号資産を送った場合は、もしかしたらトークンの設定を追加しないと表示されないかもしれません。
CAKEを初めとするBEP20トークンを入手した場合、その都度トークンの設定を追加していかないと一覧には表示されないので注意してください(表示されないだけで消滅してしまったわけでない)
一覧を探しても見つからなくて慌てる雑魚が多いようです。
また、ネットワークがBSC(Smart Chain)以外になっていると、BSCに送った暗号資産は表示されません。
MetaMaskを開いた時に真ん中にでかでかと書かれている数字の単位がBNBであるか確認してください。
ネットワークにSmart Chainを選択していても、MetaMaskにログインした際に単位がETHになってしまうので、一度BSC(Smart Chain)以外のネットワークに変更した後にもう一度Smart Chainを選択して単位をBNBに戻す必要があります(僕の環境だけ?)
ちゃんと届いていることを確認できたらPancakeSwapでウォレットに接続します。
そして、流動性を提供したい暗号資産2種を同額分用意します(CAKE-BNBペアに提供したかったらCAKE100ドル分とBNB100ドル分)
用意ができたらLiquidity(リクイディティ)ページへ移動して、テキトーにボタンを押して流動性を提供する暗号資産と通貨量を設定し、ガス代を払った末に流動性を提供します。
そうすると流動性を提供した量に応じてその暗号資産ペアのLPトークンをもらうことができます。
ここまで来ればあと一息。
そのLPトークンを握りしめてFarmsページへ行き、もらったLPトークンに対応したペアにガス代を払ってステークすれば、あれよあれよという間にCAKEが焼き上がっていきます。
これであなたも晴れてパンケーキ職人デビューです。

たぶん。

5.収穫と撤退

時間が経つとステークしたLPトークン量に応じた速度でCAKEが溜まっていきます。
そのCAKEは好きなタイミングで収穫(Harbest)することができます。
収穫にもガス代がかかるので、ある程度まとまったCAKEになってから収穫した方がいいでしょう。
収穫したCAKEは新たなLPトークンの糧にしてもよし、ステーキングプールに預けてもよし。
最後、撤退する場合はLPトークンを再びLiquidityページでそれぞれの暗号資産に戻すのを忘れないようにしましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。
美味しいCAKEを焼けるパンケーキ職人にはなれましたか?
いつまでもCAKEを焼いて食っていけるとは限らないので、引き際を見誤らないようにしましょう。

それでは、最後に一言。

 

まるで自分が経験してきたかのように書いてますが、僕はSUSHIを握ったこともなければCAKEを焼いたこともありありません。

 

それではまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました