マルチロールGJ1_TypeAの2020年運用成績まとめ

EA・10の独立したロジックを持つポートフォリオ型EA 「マルチロールGJ1_TypeA」の2020年運用成績になります。
10の独立したロジックを持つポートフォリオ型EA 「マルチロールGJ1_TypeA」
10の独立したロジックを持つポートフォリオ型EA 「マルチロールGJ1_TypeA」

EA・マルチロールGJ1_TypeAの2020年運用成績
損益 Pips
1月 -24936 -2379
2月 5285 722
3月 31946 3317
4月 262 432.3
5月 8466 1098
6月 67009 6887
7月 9378 1057
8月 22494 2369
9月 31380 3299
10月 -23601 -1479
11月 -10933 -384.7
12月 -41160 -3873
2020年合計 75590 11065.6
2019年 20247 3044.5
合計 95837 14110.1

マルチロールGJ12020

何週間もポジションを持ち続けるスイングEAのマルチロールGJ1は今年前半のコロナ相場に見事にハマってくれました。
獲得Pipsはなんと1万超え。
損益も一時は10万を超えていましたが、最終的には半減させての終了となりました。
あまりに調子がよかったため、いくつかのロジックのロットを倍(0.01→0.02)にしたのですが、その辺りを境に調子を落とし始め、完全に裏目に出てしまいました。
当たり前ですが、レンジに入ると途端に勝てなくなりますね。
ここ最近のGBPJPY相場は、ちょうどマルチロールGJ1のポジが溜まり出した頃に反転し、そのポジが損切して逆ポジが残ったところでまた反転、というようなマルチロールGJ1にとって非常に嫌な幅でのレンジが続いています。
せめてもっと狭いレンジであれば損切せずに持ち続けるだけになるんですが。
年明け以降のポンド相場はもう少しテクニカルの利く相場になってくれると思うんですが、トレンドが発生するかがこのEAにとってはポイントになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました